アーカイブ | 11月 2016

    • ケアマネージャーのアルバイトは言語の努力も必要

      高齢化の時代、福祉関係の仕事は求人が多くなっています。高齢者やその家族に、日々の生活全般にわたってアドバイスをしてくれるケアマネージャーは、各地域に必要数配置されている必要があります。したがって、ケアマネージャーの資格を取得しておくと、仕事の依頼は多くあります。
      家庭や自分のライフスタイルの都合で、ケアマネージャーをアルバイトで希望する人達も多くいます。週に何日とか、一日の勤務時間を正規雇用の人達よりも短くするような仕事です。福祉関係の職場では、人手不足になっていますので、アルバイトでも雇用してくれるところは多くあります。働く人達の状態にあわせて、仕事がしやすい環境となっています。
      ケアマネージャーは、高齢者やその家族と話すことが日常的な仕事となります。耳が遠い高齢者や判断能力が劣ってきている人達と、必要な話を進める役割です。
      したがって、たとえアルバイトでも、言語能力が高い人達が向いています。わかりやすい言語で、ゆっくりと、大きな声で話をする習慣を身につけることが必要になります。
      話をしても、なかなか理解をしてもらえない場合も多くあります。そういった時にどのような言語を使えば、理解してもらえるか、どういったテンポで話せばよいのか等、日々、努力をしながら仕事をすることが必要です。
      若い人達でも、話が通じない場合もあります。高齢者の場合には、若い頃には、仕事や家庭での生活を無理なくこなしてきた人達が多くいます。そういった経験を信じて、様々な出来事が理解してもらえるよう、ケアマネージャーの言語能力を活かしていきます。ケアマネージャーに接触をすることで、高齢者が元気になっていくケースも多くあります。やりがいのある仕事となります。