ネットワーク管理のバイトやインターンは体と頭を使う

ネットワーク管理に用いる道具は、総じて重いというのが定説です。それなりに筋力がないと、満足に持ち運べないものも少なくありません。四六時中ネットワーク管理ができるアルバイトやインターンというイメージから、頭だけを鍛えた人材が業界の門を叩く光景は毎年のように見られます。ところが、いざアルバイトやインターンを始めてみると想像していたよりも力仕事が多い現実に気が付きます。
一念発起して筋力を増加させるように日常生活を変えられるのが良いですが、体と同じように頭も使う仕事内容なので一筋縄にはいきません。むしろ、ネットワーク管理は頭脳労働なのでアルバイトやインターンがお休みの日でも勉強する必要性に駆られます。合間の時間に体を鍛えようとしても、頭の疲労が取れておらず行動が捗らない事例がほとんどです。しかしながら、ネットワーク管理者の中でも高い地位に君臨している人の多くは自発的に体を鍛えます。そうしなければ、迅速に道具を運んでから満足な頭脳労働ができなくなります。体を使う作業が終わったときには、体力を使い果たしてしまうからです。
アルバイトやインターンにおいてネットワーク管理を行う場合は、自堕落な生活を送ることは好ましくありません。筋力を増やす活動に勤しみながら技術書を精読するなど、有能な人材になるための努力を欠かすことができないからです。ネットワーク管理を行う以上は、アルバイトやインターンといえども手を抜くことはいただけません。少しでも適当な仕事をしていると、ネットワーク管理作業でミスを生じやすくなります。アルバイトやインターンとして重宝されるのは、体が丈夫で頭脳明晰である人材であることを肝に銘じておくと仕事が滞らなくなります。